2015年8月27日木曜日

西岐波ふるさと夏まつり2015

 8月22日(土)は、西岐波ふるさと夏まつりでした。(^^)も午後からお手伝い。マルショク横駐車場が盆おどり会場です。
 皆さんでテキパキとヤグラを組み、バザーテントも立てていきます。
 夕方の17時半から、追悼法要が始まりました。法要が終わり、関係方々が灯篭流しに移動すると、ウチのブースは設営開始です。

 お隣は、ときわ動物園リニューアル推進室のブース。うちのブースは測定器具等を使った健康、体力チェックは大賑わい。常盤の状況を考えて小さめの竹ブレスレット用リングを多めに用意したものの、こちらも盛況でリングが全部捌けてしまいました(^-^; 西岐波恐るべし。

 そのお隣さんは、さすがに大盛況です。スクリーンの前を通る人の顔がサルになる仕掛けで、終始人が絶えませんでした。

 灯篭流し会場も大盛況。今年は沢波川の水量が少ないので、ちょっと灯篭の流れもスムーズとはいかないようでした。川の中には、この前のまちづくりサークルで学童保育の子どもたちが作った灯篭も浮かべてありました。

 20時を回ると、盆踊り。西岐波音頭に南蛮音頭。京踊りの唄と太鼓であっという間の夏の夢。
今年は自前ブース張り付きでしたのでほとんど写真も撮れなかったのが残念でした。

2015年8月20日木曜日

西岐波ふるさと夏まつりで販売します

 今年、西岐波郷土史研究会で、西岐波の歴史・史跡についてDVDにまとめられました。普段はふれあいセンター等にて500円で有償配布しておりますが、このたび夏まつりでも販売することになったそうです。
 販売場所は、いまのところ盆踊り会場の音響設置ブースが予定されております。ウチの支援チームのブースのすぐ隣です。(^^)
 
8/24追記 ※どうも販売場所がちがった模様です。すみません。(^^)もほとんど支援チームのブースにおりましたので、当日の販売自体も確認してないというていたらく(^^;申し訳ございません。
 
9/2追記 ※宇部日報では販売は8月17日までとなっておりますが、西岐波ふれあいセンターにはまだ若干在庫がごさいます。購入もできますので、ご興味がありましたらよろしくお願いいたします。

2015年8月17日月曜日

特別なゲスト(今村くらしの相談室)

 8月10日(月)は、今村くらしの相談室にお邪魔いたしました。
 毎週月曜日には、「定期交流サロンもも」を午後から開いておられます。
 最近は第二月曜日にハーモニカを吹かれる方が来られ皆さんで懐かしい歌を歌ったり、第三月曜日には、介護施設の職員さんが来られストレッチをしたりと、工夫をしておられます。

ただ今回は、いつもと違うゲストがいらっしゃいました。ご高齢の方ですが「永遠の五才児」を連れて楽しい腹話術を、披露頂きました。

 ご本人は十年前まで、バンドでウクレレを弾いておられた程の腕の持ち主ですが、お年と体力の関係でウクレレ伴奏はさすがに無理ということで、皆さんと一緒に唄を歌って懐かしいお話に花が咲きました。
 
 昔は、交通指導員の方が学校等におもむき、交通安全教室等で腹話術を行うといったことはよくありましたが、昨今はやはりそういった方も減り、山口でも腹話術を行うひとはごくわずかではないかとというお話も。
 ちなみに、この子は、東京は人形町の生まれだそうです。もう30年は一緒に居る仲ですが、あくまでも「五才」だそうです。(ネタです
 お話が終わった後で、皆さん人形を抱かせてもらいましたが、思ったより軽いとの事でした。
 
 こういった所になんどか訪問すると、自分が退職し引退した後にどうやって地域に関わっていけば良いだろうかと考えることがあります。
 
 自分の地元も、規模は違えど西岐波と似たような雰囲気の地域です。
 毎日、色々な事を考えつつ西岐波・常盤地区に関わっていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

2015年8月14日金曜日

ふるさと夏まつり前の草刈

 8月9日(日)は、西岐波ふるさと夏まつりに備えての草刈回収でした。去年は沢波川周辺の集めをやりましたが、今年は関係者用の駐車場側の清掃を地元の関係者と行いました。
 今回も早めに片付きましたが、なにせものすごく暑いので、何時間もやったような気がします。(汗

まちづくりサークル(西岐波の郷土行事と食事)

 8月7日(金)は、西岐波のまちづくりサークルの日でした。学童保育の子供たちを呼んで、郷土体験が行われました。

 子どもたちの前で熱弁をふるうN先生。

 そのあとは、ふるさと夏祭りに沢波川に飾る灯篭の絵を子どもたちに描いてもらいました。
 先ほどまでは、大人しくしていた子どもたちも、一気に賑やかになります。

 一階の調理室では、今年も料理づくりで女性の方々が慌ただしく働いておられました。何せ作る数が数なので大変です。(^^;

 今年の郷土料理が次々に出来上がり並んでいきます。

 灯篭も出来上がり、子供たちはお昼タイム。夏祭りの日中には沢波川に置かれて、夜には明かりが灯ります。

2015年8月13日木曜日

実は市ではこういうものの、貸出やってます

 宇部市では、今年度の「宇部の情報知っちょる会」等で、広報しておりますが、「うべみち愛護作業用用具貸出制度」というものがございます。
 地元の方々が市道や団地内道路(生活道路)の清掃をされる際に、市の保管用具を貸し出す制度です。
 対象が自治会、企業、ボランティア等団体になりますが、自治会については班単位でも可というところがミソになります。
 
 申請自体は、西岐波市民センターに出して頂いても結構なのですが、用品の在庫の状況等もございますので、申請前には必ず本庁の河川管理課にご連絡ください。
 
詳しい内容は、下記リンクをご参考に
 
宇部市:市道の里親・道路愛護(うべみち愛護作業に係る用具の貸出について)

8月の「今村くらしの相談室」の行事案内

 遅くなりましたが、8月分の「今村くらしの相談室」のご案内を掲載いたします。
 今月は「子供たちと創る小さな花火大会」が予定されております。詳しくは相談室までお問い合わせください。

八月のおかざり

 8月最初の月曜日に出勤すると、もう新しいおかざりが窓口においてありました。いつもありがとうございます。

 今回は浴室ですね。洋式のバスタブにちゃんと泡も立ってます。

 常盤の夏祭りでいただいた、茅の草バッタも一応入れ物を作って飾りました。かなり小さいバッタですので意外と気が付かれないかも(^^;しれませんが、お飾りの近くに置いてあります。

2015年8月12日水曜日

西岐波盆おどり練習

 8月6日(木)の夜は、西岐波の夏まつりに向けた盆踊り練習がありました。(^^)は去年参加できませんでしたので、今年は気合をいれてイソイソと。

 結構、地域でみかける方がいらっしゃるな(^^;と思いつつ、「西岐波音頭」「南蛮音頭」「京踊り」の練習を行いました。
 「西岐波音頭」「南蛮音頭」は、去年何箇所かで習いましたので多少は覚えておりますが、「京踊り」は結構手数が多くて難しく、参加されている方も覚えが微妙な方が多く・・・(^^;
 まあ、お祭りの時には保存会の方々が出られますのでその時に覚えます。(汗

 「京踊り」の歌詞は、この日二種類ほどやりましたが、やはり朗々と響く唄はよいものです。常盤の夏まつりでも気になっておりましたが、やはりこちらでも太鼓叩きの後継者で悩んでおられるようでした。

2015年8月7日金曜日

アマモの苗植え体験(白土海岸)

 8月3日(月)同日は、夕方から白土海岸にて、小学生対象でアマモの苗植え体験が行われました。

 アマモは浅い砂地に生える海藻です。食用という訳ではないのですが、魚の生活場所として重要な植物になります。
 去年の11月床波海域保全グループの方々が、アマモの藻場再生のため、種入りの麻袋を設置、今年は苗を植えることとなりました。
 県の水産研究センターの方の説明の後、植え付け場所まで移動します。

 この日の干潮時間は約あと1時間後、潮が沖まで引いた海岸を植え付け場所まで歩きます。結構距離がありますが、水辺ということと海風で気持ち良い歩きとなりました。

 白土海岸で採取した種を使って育成された苗を、プランターに入れて子どもたちが植えつけます。

 もうちょっと近くで写真を撮りたかったのですが、植え付け場所の周辺は微妙に水深が深く、長靴装備でも心もとない状況でしたので、望遠レンズで(^^;

 青々として茂るアマモ。白土の海全域に広がっていくことを願ってます。

灯篭おそうじ

  8月3日(月)、週初めでバタバタしていると、学童保育のお子さんたちが、夏まつりの灯篭のそうじをしておりました。去年、沢波川に浮かべたものですが、また今年も使うので灯篭のフチに残っている紙や糊を水で流して綺麗にします。

 綺麗に乾いたら、今年も紙を貼って、子どもたちが絵を描いて、沢波川に浮かべられます。こちらは流さずに川に並べて置かれるはずです。

2015年8月6日木曜日

常盤区民夏まつり(片づけ篇)

 翌、8月2日(日)は、片づけでしたのでこちらも参加してまいりました。
 前日の祭り終了後にテントや机椅子もほとんど撤収しておられますので、10数名の参加者でやぐらの笹の処分、ゴミの搬出、借用品の返却などなど2時間以上かけて片づけを行いました。
 
 常盤ふれあいセンターに隣接する畑では、「わくわく常盤」の参加者の皆さんが、芋畑の草取りをしておられました。
 次回のイベントは芋掘りだそうです。

2015年8月5日水曜日

常盤区民夏まつり(祭り篇)

 さて、午後4時から、各テント担当の方も再び集合して、午後5時半より、今年のお祭りが始まりました。

 

 ウチも今年は、スペースを分けて頂いて、ブースを構えました。同じテントの中では、焼き鳥と焼きちくわのイイ匂いが・・・(^^; お腹がすきます(苦笑

 ウチのブースは、支援員と保健師、東部第二高齢者総合相談センターから数名参加しました。健康診断・竹の玩具遊びともまあまあの人出で一安心です。
 竹のリングも、子どもさんたちにデコシールや、色を塗ってもらってお持ち帰り。持参した4/5は捌けました。

 すぐ隣では、男性が草バッタを作られておりました。結構見てると難しそうなのですが、いとも簡単に数分で一匹、二匹と増えていきます。やってきた子どもにあげると、マイペースで次のバッタを・・・。
 うちにも一匹頂きました。竹の一輪挿しを作ってセンターに飾ろうと思ってます。(ただ今製作中)

 ラムネの早飲み大会、蓋をあけるところからスタートです。
 
 やがて、日も落ちてきて、やっと過ごしやすい時間となりました。

 花火大会が始まると、子どもたちは近くで見ようと集まります。打上花火があがると歓声があがり、噴出花火に火が付くと、じっと見つめていました。
常盤のように周囲にスペースがあるからこそ出来るイベントですね。

 最後は、盆踊り。南蛮音頭が流れる頃にはあたりは暗くなりました。小一時間、太鼓と音楽が流れてお祭りは終了。
 常盤の暑い夏の行事ひとつ、とりあえずお開きです。

2015年8月4日火曜日

西岐波ふるさと夏祭りのごあんない

 常盤区民夏まつりも終わりましたので、次は西岐波ふるさと夏まつりです。
 今年も栄町商店街から権代東まで歩行者天国になるそうです。17時30分から22時の間は車両通行ができませんで、ご注意くださいませ。(床波バス停行きもこの日は今村バス停停車になります)


※今回ちょっとおおまかな時刻表も載せてみました。ご参考まで(^^)
(宇部市営バス8/13付で行きのみ追加,8/14付で帰りも追加)

常盤区民夏まつり(準備篇)

 8月1日(土)は、常盤校区の夏まつりでした。(^^)が準備の参加に参りますと、ふれあいセンターに巣をかけているツバメが、カラスに襲われるとのことで、目の大きな網を巣の周りにかけておられました。
 ツバメの親は、難なく通り抜けますが、カラスは網があるだけで嫌がるそうです。
 
  兎に角、暑いのでまずはテントを先に立てて、日陰を作ります。お茶と塩も用意され、熱中症対策を万全に皆さん作業されています。
 
  常盤校区のやぐらは、木製です。いくつかの部品を組み合わせて組み上げます。
 
 「棟梁」と呼ばれる方の指示で、組み上げていきます。

 やぐらの四方に、笹を立て、提灯を下げ紅白幕を巻けば盆踊りのやぐらは完成です。

 ひととおり前準備が済んだら、関係者の皆さんは昼食のカレーを頂いて一応お開きになりました。
 夕方に再度集合して、テントの中のものを準備して夏祭りが始まります。